HOMEへ戻るMCCマガジンそれって本当にコミュ力?

それって本当にコミュ力?

2019年01月08日

ほり屋飯盛

コミュ力、コミュ力って、いい加減にしてほしい。

現代の大学生たちは驚くほどに「大人との絡み」が上手い。教員の研究室に来てDVDプレーヤーを借りたり、職員たちにあだ名で呼びかけたり、学会のお弁当を定番の安いものから高級すき焼き弁当に代えてもらったりと、自分たちの要求を上手に通していく。そして彼ら自身、そのように子どもみたいに甘えて、要望を叶えていく自分たちを「コミュ力高い」と表現している。自分たちのコミュニケーション能力が高いからこそ、怒られることなく、自分たち要望を叶えてくれるのだと。現に企業が新卒に求める能力は「コミュニケーション能力」がトップである。だが、このコミュニケーション能力とはいったいどんな能力を指すのだろうか。漠然としており、実際は企業も就活生も理解していないのではないだろうか。

今どきの大学生たちと接していて、企業が新卒に「コミュニケーション能力」を求めることに疑問を持つようになった。まわりの自称「コミュ力高い」大学生は、中身がないのを外面でごまかしているように感じられる。大学生たちは勉強を頑張って評価されなくても「コミュ力があればいいじゃん」と思っているように見えるのだ。だって会社だってコミュ高い人材を求めてるんでしょ、と。だが、彼らのコミュ力は本当に高いのだろうか。

繰り返しになるが、コミュニケーション能力とはいったい何なのだろうか。自分の要望を叶えるような交渉力や説得力、会話力なのだろうか。面接でハキハキした受け答え、アイコンタクト、堂々としながらも、同時にちょっと可愛げのある態度を見せれば、コミュ力高めと評価してくれるのか。

しかし、ある程度は社会人として働いてきた私にとってコミュ力とは、能動的に発信する能力ではなく、むしろ受動的な聞く能力であり、相手が何を求めているかをしっかり理解し、差し出す能力ではないだろうかと思うのだ。その能力が最も表れやすいのは何かと言えば、大学4年間の成績である。授業に毎回出席し、教員が何を重要視しているのかを読み取ることができれば、定期試験で良い点数が取れる。授業では教員の手の内を知り、試験では求められていることに正確に答えを出す。これをコミュニケーション能力と言わず、何と言うのだろうか。

企業は新卒採用で、なぜ大学の成績を重視しないのか疑問である。友人に聞いた話では、あるキャリアフォーラムで、某コンサルタント会社はエントリー・シートの提出箱を、「東大京大」、「早稲田慶應」、「MBA、海外の大学」、「その他」に分けていたらしく、便宜上のことかもしれないが、これは失礼である。偏差値の高い大学から、採用したい気持ちもわかるが、企業が大学名で選抜していたら、入学する大学名で人生が終わってしまう。

大学に入学したての学生たちは、真面目に勉強しようとしている。モチベーションのピークは4月であり、皆輝いていた。だが、そのやる気は持続性がなく、フリーフォールのように直角に落ち、授業に来なくなったり、私語で他人に迷惑をかけたりする。この原因の一つは企業が大学の成績を重視しないからではないだろうか。また、企業の採用担当者も大学に真面目に通わず、楽単の授業だけ履修して、なんとなく4年間を過ごしてきたから、大学の成績なんて関係ないと考えているのではないだろうか。私のまわりの成績が良い子たちはコツコツと勉強をしているだけでなく、文脈や行間を読むことに長けている。出題者の意図が理解できるがゆえに、定期試験で良い点数が取れるのだ。

3年生の授業ともなると教員も課題に対して細かな指示をださない。ある時、中国経済論の授業で「仮説を立ててデータ分析をしてくるように」という指示があった。求められていたのは自分たちで仮説を立て、データを集めて重回帰分析を行い、検証したものをグループごとに発表することだった。

だが、正確に行うことができたのは20グループ中、たったの3グループだけ。まず仮説を立てることができていないし、データ分析が何かを理解していない。ウェブ上のグラフを拾ってきて、多い少ないを論ずることや、肯定的と否定的な意見をネットから持ってきて、自分たちがどちらを支持するか結論づけることがデータ分析だと思っていた。それでも、皆が勉強しないから、相対評価でどうにか単位は取れる。こんな学生を企業は本当に採用したいのだろうか。面接での表面的な態度やSPIだけでなく、大学での成績を重要視することが、大学生自身だけでなく、企業や社会にとっても有益ではないだろうか。

ほり屋飯盛(ほりやめしもり)
  • 大学生
36歳で大学に入学。まわりの学生には19歳と偽り、はじめはオープンキャンパスの学生トークショーに出演したり上手くやっていて、来年こそはミスキャンパスもいけるかもと思っていたが、「プラザ」を「ソニプラ」、「プリント」を「わら半紙」と言ってしまったことから実年齢を怪しまれはじめる。最近では「ほり屋さんの年齢を探ると社会から消される」と噂が流れ、ミスキャンパスへの道が閉ざされ気味。社会科学専攻。38歳の目には最近の大学生や大学やはどのように見えるのかなど書いてます。

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。