『陰翳礼讃』谷崎潤一郎

まぁ、ほんとうにお好きなんですね。お相手がどんなお顔をなさろうと、お構いなし。愛するものについて、どんな具合にどう美しくてどう愛でるのが自分は好きか。