横田南嶺「人生を照らす禅の言葉」

「死んだらどうなるのだろう。」4、5歳くらいの頃だろうか、そんなことを考えた時期があった。