HOMEへ戻るプログラム一覧プロジェクトマネジメント[A日程]

プログラム内容

あらゆる業種に対応可能なプロジェクトマネジメント

組織のフラット化が進み、我々の仕事の多くが「プロジェクト型」で進められることが多くなってきました。また、協力会社やクライアントを巻き込み、組織の枠を超えたプロジェクトチームを立ち上げる例も増えています。そうした中、期日の遅延や予算超過、またプロジェクトメンバー間のコンフリクトなど、さまざまなトラブルや困難に直面するプロジェクトも少なくありません。

こうした状況を打破するため、近年プロジェクトマネジメントの体系的学習ニーズが高まっていますが、その対象は、主に情報システム開発を中心としたITプロジェクトに軸足が置かれていました。しかしながら、ビジネスの現場ではビジョンやミッションの立案、新製品・サービス企画、業務改善など多様なテーマでのプロジェクト活動が行われており、いまやプロジェクトマネジメントは“全てのビジネスパーソンに求められる“新たなリテラシー”と言えます。

本プログラムでは、ビジネスパーソン全体を対象として、プロジェクトマネジメントにおける世界標準の知識体系であるPMBOK(Project Management Body Of Knowledge)をベースに、講義と演習を通してプロジェクトマネジメントの標準スキルを習得します。第5版を基準に行いますが、第6版の内容が判明次第情報を追加します。

※PMP資格受験対策用の講座ではありませんのでご注意下さい。

受付終了

講師
日程・時間
1 2 3 4 5 6
9/21(木)18:30-21:30 10/5(水)18:30-21:30 10/19(木)18:30-21:30 11/2(木)18:30-21:30 11/16(木)18:30-21:30 11/30(木)18:30-21:30
他の日程
参加費 162,000円(消費税込)
対象
  • 組織横断型のプロジェクトチームやタスクフォースのマネジメントを担う方
  • プロジェクトマネジメントの標準手法を身につけたい方
  • プロジェクトマネジメントの経験があり、自身のやり方・進め方を再整理したい方
定員 25名 (法人派遣は1社につき4名様まで)
進め方

本プログラムは、プロジェクトのプロセスごとにセッションを進めていきます。このことにより、実際のプロジェクトの進行に則した形でプロジェクトマネジメントを学ぶことができます。

各セッションは原則、「理論の習得」→「演習を通じての実践」→「まとめ」という形式で構成されています。また、「演習を通じての実践」では、擬似プロジェクトのマネジメントを行っていただきます。擬似プロジェクトでは、プロジェクトの立上げから計画、管理・運営の手法、および実際に起こりうる課題とリスクに如何に対処するかを学びます。

セッション内容

セッション1プロジェクトマネジメントの概要を理解する

プロジェクトマネジメントを行うために必要な概念、知識を、レクチャーと身近な演習を通じて体系的に習得する。

  • プロジェクトとプロジェクトマネジメントの位置付け
  • プロジェクトマネージャーのミッションと必要なスキル
  • PMBOKをベースとしたマネジメントの対象領域

[演習テーマ]プロジェクトの成功とは何か/プロジェクトマネジメントに必要な要素を理解する

セッション2目標とゴールを設定し、ステークホルダーを明確化する

プロジェクトの立ち上げは、プロジェクトの土台固めとして極めて重要なフェーズとなる。当セッションでは、レクチャーと擬似プロジェクトでの演習を通じて、プロジェクトの立上げ手法を習得する。

  • プロジェクト憲章
  • プロジェクトの目的と目標の設定と共有
  • ステークホルダー分析

[演習テーマ]プロジェクト憲章作成

セッション3作業計画を策定する

スケジュールやコストといった直接的なプロジェクトの管理指標を「無理なく」「無駄なく」「漏れなく」策定する計画手法を、レクチャーと演習で習得する。

  • タスクの洗い出しとスケジュールの作成
  • WBS(Work Breakdown Structure)
  • コストの見積り

[演習テーマ]WBSとスケジュール作成

セッション4円滑・柔軟に進捗を管理する/プロジェクトの危機を未然に防ぐ

プロジェクト管理・運営の基礎となる進捗・課題管理の手法を習得する。プロジェクトに問題が発生してから事後対処するのではなく、危機を未然に防ぐ「事前予防型のマネジメント」の手法についても、レクチャーと演習で習得する。

  • 進捗管理
  • 課題管理
  • リスク管理

[演習テーマ]課題管理/リスクの洗い出しと評価、およびアクションプランの策定

セッション5円滑なコミュニケーションを実現する

プロジェクトのトラブルの原因の多くに「コミュニケーション不足」が挙げられる。では、具体的なコミュニケーションを円滑にするためには、何をしなければならないのか。プロジェクトマネジャーが取り組むべきコミュニケーションマネジメントを学び、実践に役立つスキルを習得する。

  • コミュニケーションプラン
  • レジスタンスマネジメント
  • 「Lesson Learned」の蓄積

[演習テーマ]コミュニケーションプランの作成/レジスタンスマネジメント/ Lesson Learned の蓄積と活用(Keep/Problem/Tryの実践)

セッション6チームのパフォーマンスを最大化する

プロジェクトを成功に導くためにはメンバーのパフォーマンスを最大限引き出すことが要求される。当セッションでは、プロジェクトチームの編成・育成・マネジメント手法を習得する。またおろそかになりやすいプロジェクト終結時の作業もあわせて解説する。

  • プロジェクト組織図と役割分担
  • チーム育成
  • コンフリクトマネジメント
  • プロジェクト終結
  • 全体のまとめ

[演習テーマ]責任分担表作成/コンフリクトマネジメント ・KPTを用いた、今後のアクションプラン作成

参加者の感想を見る

割引・修了基準等

割引制度
個人対象(個人で全額お支払い)
  • 複数受講割引
  • 継続受講割引
  • 慶應カード割引
法人対象(5名以上)
  • 法人一括割引制度
申込締切

定員に達し次第締切
開講2週間前よりご参加にあたっての諸連絡を開始いたしますので、お早めにお申し込みください。

修了基準

5セッション以上の参加とパフォーマンス(取組姿勢等)を評価して認定

会場

慶應丸の内シティキャンパス

お問合せ

担当:石井
TEL:03-5220-3111 FAX:03-5220-3129(営業時間:平日10:00-18:30)

ビジネスに関わる知識・スキルを体系的に学ぶ

個別相談会(無料)

慶應丸の内シティキャンパス(以下慶應MCC)では、無料個別相談会を随時実施しております。プログラムの詳細内容や進め方について、授業で使用しているテキスト等をご覧いただきながら、プログラムを担当するラーニングファシリテーター(学習アドバイザー)が説明いたします。また、必要に応じて、お仕事の内容・ご経験、関心をお持ちの分野をお伺いし、最適なプログラムを紹介いたします。

個別相談会について詳細を見る

個別相談会(無料)のお申込みフォーム

個別相談をご希望の方は以下のフォームにご入力・送信ください。3営業日以内に弊社担当者よりご連絡を差し上げます。

氏名
フリガナ
会社名
部署名
電話番号
ご相談内容
ご相談日時
  • 第一希望


  • 第二希望


  • 第三希望


個人情報取扱について

ご提供いただいたお客様の情報は、申し込みいただいた事項への対応およびそれに関連する慶應MCCのサービス等のご案内のために利用させていただきます。弊社は個人情報に関する法令を遵守するとともに、お客様のプライバシーを尊重し、弊社に対する期待と信頼に応えて参ります。詳しくはプライバシーポリシーをご覧ください。

お客様の個人情報保護のため、SSLを用いた暗号化通信に対応しています

お電話でご相談される方
受付時間 平日:10:00-18:30

03-5220-3111

個別相談会(無料)に申込む
プログラムの詳細内容や学び方など、プログラム担当が説明いたします。
「法人のお客様」を見る
慶應MCCのプログラム・講演会は、ざまざまな形で企業の人材育成に活用されています。
問合せる
プログラムや手続きなどの疑問・質問に丁寧にお答えします。 お気軽にご利用ください。
資料請求をする
プログラムのお申込みを検討サれている方や慶應MCCについて詳しく知りたい方に、資料をお送りします。