かつま かずよ

勝間 和代

経済評論家

1968年東京生まれ。
早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。
当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。
現在、株式会社監査と分析取締役、内閣府男女共同参画会議議員、国土交通省社会資本整備審議会委員、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。

・ウォール・ストリート・ジャーナル「世界の最も注目すべき女性50人」選出
・エイボン女性大賞(史上最年少)
・第一回ベストマザー賞(経済部門)
・世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leaders

少子化問題、若者の雇用問題、ワークライフバランス、ITを活用した個人の生産性向上、など、幅広い分野で発言をしており、ネットリテラシーの高い若年層を中心に高い支持を受けている。
著作多数、著作累計発行部数は430万部を超える。

主な著書

Webサイト・Blog・twitter