HOMEへ戻るクロシング

厳選された学びに触れる 慶應MCCの会員制Web学習

厳選された講演映像の視聴 ‐ 夕学アーカイブ

丸の内の有料講演会をネットで視聴

慶應MCC定例講演会『夕学五十講』から選りすぐたった講演をPC・スマホ・タブレットでいつでも何度でも視聴できます。講演映像はネットで観やすく編集され、効率よく学べます。講演映像は毎月追加されます。

『夕学五十講』とは、慶應MCCが丸の内で15年以上にわたって開催している有料講演会です。ビジネス・政治・文化・スポーツなど幅広い分野の第一線で活躍する方々を講師に招き、年間50講演を開催しています。(『夕学五十講』Webサイトへ

公開中の講演映像

講師名肩書・所属講演タイトル
山根 節
山根 節
  • 早稲田大学大学院教授(ビジネススクール)
  • 慶應義塾大学名誉教授(ビジネススクール)
「なぜあの人は経営のプロと呼ばれるのか?」
前野 隆司
前野 隆司
慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授 「幸せの日本論 日本の個人と企業はいかにあるべきか」
宮本 雄二
宮本 雄二
  • 宮本アジア研究所代表
  • 元駐中国特命全権大使
「習近平の中国」

為末 大
  「禅とハードル」

高田 礼人
北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター教授 「ウイルスはどうやって生き残っているのか」

大竹 文雄
大阪大学社会経済研究所教授 「経済学的思考法」

森本 あんり
国際基督教大学人文科学デパートメント教授・学務副学長 「オバマとトランプ:反知性主義とアメリカの宿命」

都倉 武之
慶應義塾福澤研究センター准教授
(元学徒兵の方々との対談形式)
「戦後70年、『学生と戦争』を考える」

山本 昌
スポーツコメンテーター 「継続する心」

荒木香織
園田学園女子大学人間健康学部教授 「ラグビー日本代表チームを変えたメンタルコーチ」

野田 稔
  • (一社)社会人材学舎塾長
  • 明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授
「組織人材から“社会人材”へ」

山田英夫
早稲田大学ビジネススクール教授 「競争しない競争戦略 積極的な非競争のすすめ」

内田和成
早稲田大学ビジネススクール教授 「既存事業の防衛戦略 新たな挑戦者にどう対応すべきか」

川村元気
  • 映画プロデューサー
  • 小説家
「企画における“発見”と“発明”」

ヤマザキマリ
漫画家 「辺境のない生き方」

松山大耕
妙心寺退蔵院副住職 「禅とグローバリゼーション」

冨山和彦
(株)経営共創基盤代表取締役CEO 「日本はローカル経済で甦る」

川村 隆
(株)日立製作所相談役 「ラストマンの生き方」

桜井博志
旭酒造(株)代表取締役社長 「ピンチはチャンス!「獺祭」を世界へ届ける」

田村次朗
  • 慶應義塾大学法学部教授
  • ハーバード大学国際交渉学プログラム・インターナショナル・アカデミック・アドバイザー
「「三方よし」の対話力 問題解決のための戦略的交渉学入門」

西澤直子
慶應義塾福澤研究センター教授 「「一身独立」して「一国独立」す 福澤諭吉からのメッセージ」

中村和彦
南山大学人文学部心理人間学科教授 「組織開発のすすめ」

千住 博
日本画家 「芸術的思考とは何か」

高岡浩三
ネスレ日本(株)代表取締役社長兼CEO 「成熟先進国におけるビジネスモデルイノベーション」

遠藤 功
ローランドベルガー会長 「現場力を鍛える」

藤原和博
教育改革実践家 「正解のない問いに向き合う力」

新見正則
帝京大学医学部外科准教授 「マウスが教えてくれた幸せな生き方論」

唐池恒二
九州旅客鉄道(株)代表取締役会長 「夢みる力が「氣」をつくる」

服部泰宏
横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授 「組織と個人の見えざる約束」

菊澤研宗
慶應義塾大学商学部教授 「いまこそ経営に哲学を!」

公開予定の講演映像

     
講師名肩書・所属講演タイトル
金井 壽宏
金井 壽宏
神戸大学大学院経営学研究科 教授 「リーダーシップの持論」
楠木 建
楠木 建
一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授 「長期利益の源泉を考える:オポチュニティとクオリティ」
高田 朝子
高田 朝子
法政大学経営大学院イノベーション・マネジメント研究科教授 「女性マネジャーを育む、活かす、押し上げる」
小松 和彦
小松 和彦
国際日本文化研究センター所長 「日本の妖怪文化 -その歴史と特徴-」
一條 和生
一條 和生
  • 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 研究科長 教授
  • IMD特任教授
「リーダーシップの哲学」
佐伯 啓思
佐伯 啓思
  • 京都大学名誉教授
  • こころの未来研究センター特任教授
「脱成長主義へ向けて-資本主義の限界」

会員の方はこちら

思考の交差、創発をめざすディスカッション

複数の講演を題材に全国の会員で考え、議論することで生まれる「思考の交差」

毎月、複数の講演を題材に、全国の会員でネットディスカッションを開催します。一見すると、全く異なるようにみえるジャンルの講演をあえて組み合わせることで、根底に流れるテーマを探索し、一人では気づけない視点や考え方を発見する「創発体験」をめざします。

クロシングとは

クロシングの学び方

ディスカッションのテーマ・講演映像一覧

※テーマ・講演は変更となる場合があります

今後のディスカッション予定

クロシングテーマ講演者・演題
育ち、育てるクロシング
向き合い、感じるクロシング
求め、離れるクロシング

クロシングだけの学びのコンテンツ

3.MCCセレクション

慶應MCCのビジネスプログラム・agoraのコンテンツをクロシング用に撮影・編集した講義映像です。毎月1本ずつ公開し、シリーズで展開します。

4.MCCレッスン

慶應MCC講師によるウェブレッスンです。会員の中から希望を募り、公開で個別指導を受けることができます。

視聴環境について

クロシングのご利用には下記の視聴環境をご用意ください。
1.PC、タブレットPC、スマートフォン※
2.インターネット接続
3.Webブラウザ※
4.音声出力(内蔵スピーカで可)

※推奨環境
クロシングのご利用には下記の動画視聴環境を推奨いたします。最新バージョンは2017/4時点です。(推奨環境以外では視聴できないという訳ではございませんが、OSとブラウザは常に新しいバージョンが開発・リリースされるため、推奨環境は年に1回4月に見直しを行っております。)
◇パソコン
【Windows】OS:Windows 10/8.1/7、ブラウザ:Internet Explorer9以上、Microsoft Edge・Chrome・Firefoxの最新バージョン
【Mac】OS:Mac OS 10.12/10.11/10.10、ブラウザ:Safari・Chrome・Firefoxの最新バージョン
◇スマートフォン・タブレット端末
【Android】OS:4.X-6.X、ブラウザ:Chrome(標準ブラウザ)
【iOS】OS:9.X以上、ブラウザ:Mobile Safari 最新バージョン

会員の方はこちら

年会費

入会時期・会員期間

一年間の会員制システムです。会員期間は入会または更新した月から一年間です。(例:4月入会の方は翌年3月末まで)
入会(更新)期は、4月、7月、10月、1月の年四回です。
お申込み者ご本人以外の方や複数名での利用は禁止いたします。

年会費(税込)

32,400円

個人を対象とした割引制度

参加費を個人でお支払いする方を対象とした割引制度です。お申し込みの際に申告が必要です。割引制度の併用はできません。

継続受講割引 [10%割引]

会員期間終了時に継続して参加される場合、年会費を10%割引いたします。

※連続して参加されることが条件となります。休止期間がある場合は対象となりませんのでご注意ください。
※法人で参加後、個人で継続する場合は継続割引の対象となります。

慶應カード割引 [10%割引]

慶應カード会員の方が個人でお支払いいただく場合に限り、参加費を10%割引いたします。

※慶應カードとは塾員・教職員および学生を対象とした、慶應義塾とクレジットカード会社との提携クレジットカードです。

法人を対象とした割引制度

法人一括申込割引 [25名以上+事務局1名無料]

法人でクロシングに25名以上を一括でお申込みされる場合、会費を20%割引いたします。50名以上お申し込みいただいた場合は、視聴履歴を月次でご報告いたします。(総視聴時間、ディスカッションへの参加状況、当月のトピックス。ただし特定のブラウザ環境で測定できない場合がございます)自己啓発支援や人材育成メニューなどにご活用ください。

 一括申込人数   割引前の金額 
(@32,400)
 法人一括申込 
(@25,920)
25名 810,000円 648,000円
50名 1,620,000円 1,296,000円

下記専用申込書をご利用ください(Excel, 24KB)

専用申込書のダウンロード

お問合せ

お電話でお問合せの方
電話受付時間:平日10:00-18:30

03-5220-3111

個別相談会(無料)に申込む
プログラムの詳細内容や学び方など、プログラム担当が説明いたします。
「法人のお客様」を見る
慶應MCCのプログラム・講演会は、ざまざまな形で企業の人材育成に活用されています。
問合せる
プログラムや手続きなどの疑問・質問に丁寧にお答えします。 お気軽にご利用ください。
資料請求をする
プログラムのお申込みを検討されている方や慶應MCCについて詳しく知りたい方に、資料をお送りします。