HOMEへ戻るMCCマガジン夕学レポート「感性と身体知を磨く」

夕学レポート「感性と身体知を磨く」

2022年07月11日落合 陽一「ポストコロナを見通す」
2022年06月14日伊藤 亜紗「身体論から考える利他」
2022年03月08日青砥 瑞人「最先端脳科学が教えるストレスを力に変える技術」
2022年02月08日鴻上 尚史「同調圧力とエンパシー」
2022年01月11日長谷川 眞理子「認知の進化と感情の進化:認知が万能ではない」
2021年08月10日自分で決める「新しい生き方・働き方」島田由香さん
2021年07月13日五木 寛之「再・学問のすすめ」
2020年04月14日玉川 大福「浪曲というエンタテイメント」(曲師:玉川みね子)
2019年01月08日飛鷹 全法「高野山という思想」
2018年11月13日山口 周「経営におけるアートとサイエンスのリ・バランス」
2018年07月10日羽生 善治・阿刀田 高「AI時代の人間の行方」
2018年04月10日土井 善晴「和食を知らない日本人はいけないでしょう!」
2018年01月09日浅田 次郎「読むこと 書くこと 生きること」
2017年07月11日仲道 郁代 「ピアノの魅力、音楽の力、芸術の力」
2016年09月13日山本 昌「継続する心」
2016年05月10日外尾 悦郎「ガウディの思いを継ぐということ」
2016年04月12日林 真理子「小説を書く時間」
2015年12月08日山下洋輔「魂の音楽 ジャズの魅力」
2015年10月13日千住 博「日本の美、世界の美」
2015年07月14日五木 寛之「涙と笑い」

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。