HOMEへ戻るMCCマガジンSFに住むことになりました・・・?!

SFに住むことになりました・・・?!

2016年06月14日

寺尾 美香

「新しい仕事、決まったわ」

というダンナの一声でまたしても我が家のこれからが動きはじめました。

先日彼は10数年勤めたこれまでの会社を辞めて、サンフランシスコにある別の会社へ転職することを決めたのです。アラフォー目前にしてチャンス到来、予てより進みたかった道へのキャリチェンジ&アップ、いつか西海岸に住みたいという夢だって知っていました。
栄転を喜び、応援してあげたい。私だってSF好きだしいつか住んでみたいと思ってた。

でも、でも、そのいつかって・・・・いま?!

これまで積み上げたものがガラガラ音を立てて壊れていくような気がして心中複雑です。

どうするの、家まで買ったのに、、、
第一志望の学校からオファーもらってたのに、、、
やっと慣れてきてこれからって時に、、、
数々の、”のに、、、”をあげればキリはありませんがとにかくここを去ることになったのです。

「オレだって本当にもっといるつもりだったよ。でもしょうがないじゃん(チャンスきちゃったんだし)」

いやぁ、まいったな~、みたいな素振りは一応見せてるけど、これからの未来にルンルンの夫。未練タラタラの私。

1年半しか住んでないこのうち、ホントどーすんの?!

又貸し禁止の物件なので、自分たちが住まなくなった以上、他人に貸すことが出来ず、売るしかないのです。

売却・・・・またしても一波乱ありそうな予感

覚悟していた矢先にジム・キャリー似の管理人にロビーで声をかけられました。

「お!ちょうどよかった。君ら子供も増えたことだし、このビルの中で3BRのもっと広いとこに住み替える気ない?」
「え?いや、あの、それは無理だけど、逆にうちのユニットに興味ある人とかいないかな?」

と、かくかくしかじか事情を話すと、なんと、”いる”と。下の階のカップルがもうすぐ子供が生まれるから1BRから2BRに住み替えを希望しているらしい。早速、その若くて美しいご夫婦に我が家を見てもらうとトントン拍子で話が進み、あっさり買ってくれることになりました。

管理人の情報源、宝。いつもジョークがさむいとか言ってごめん!

とはいえ、”ということになりました。”で、安心してはいけないことくらい、これまでのあれやこれやで学習済みです。

どんなどんでん返しがあるかわからない。最後、売り切るまでは何があってもおかしくない。彼らも自分たちのところを売りに出してローンを組まないと我々のところを買えないので、当然時間がかかります。

すごい美人で弁護士の奥さん、明日出産予定日だし・・・

こうして、まだ正式にクロージングに至らないまま、いよいよ引越日までカウントダウン、という今現在のこの状況。

本当に大丈夫かな?!
引っ越せるのかな?

寺尾 美香(てらお・みか)
慶應丸の内シティキャンパスで4年9カ月間ラーニングファシリテーターとして多くのプログラムを担当。2014年4月よりNY在住。

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。