HOMEへ戻るMCCマガジン未来は現在の意思決定と勇気によって創られる~慶應MCCに参加して~

未来は現在の意思決定と勇気によって創られる~慶應MCCに参加して~

2015年08月11日

諸星 裕夫
ライオン歯科材株式会社

「未来は現在の意思決定と勇気によって創られる」

このタイトルの言葉、実は私の会社の机に貼ってある、いわば私の座右の言葉なのです。この言葉との出会いは慶應MCC安藤浩之先生の「ケースで学ぶ意思決定」でした。思い起こせば慶應MCCの経験は、ほんの少しこの言葉を実践できたのではなかったかと回想しつつ、皆様の何かのお役に立てばと想い、私のMCC体験を駄文にしたためた次第です。

私が慶應MCCの門を叩いたのが、今からちょうど3年前。当時、某頭痛薬のブランドマネージャーをやっていた私に会社から「もっと勉強しろ!」との命がくだり、これはチャンスと想い、いままで行ったことのない学校で、しかも自分の学びたいテーマを組み合わせられ、しかも与えられた経費50万円を会社の指示である期間1年間で使い切れるということで、会社から提示された複数のビジネススクールから慶應MCCを選択しました。

選んだ授業は、

  1. 「決めないと何も始まらない」と日頃想っていたのでタイトルに惹かれた安藤先生の「ケースで学ぶ意思決定
  2. 同期の慶應MBAから講師先生の噂を聞いていた本業のマーケティングは、余田拓郎先生の「マーケティング戦略
  3. 組織は人、ブランドチームを率いる中で悩んでいた人材教育を川上真史先生の「部下を育てるマネージメント

と、当時関心のあった3テーマに絞り連続的に参加しました。

参加して、まず驚いたのが、事務局の方々が大変熱い想いで取り組まれていること。私が過去に経験した他のビジネススクールにはない“熱さ”でした。また、優秀な方が集まっているということを動物的直感で感じ、“これは負けられない”と闘争心に火がつきました。

こういったスクールは利害関係のない方々が一同に会し、普段の自分を知っている人もいないということで、自分が変化できるチャンスです。闘争心の影響もあり、「より積極的な自分を演じてみよう」と基本コンセプトを決めて参加しました。
発言は最初に、できれば一番目にする。MLも積極的に書き込む。「恥は搔き捨て」の精神で、少し背伸びした自分を演じようと誓いました。今でも交流が続く「ケースで学ぶ意思決定」のクラスメイトからは、「昔から前に出るタイプじゃないのか」と言われそうですが、このような背景があったのです。
実際のMLの書き込みはSession2からでしたが、参加者では最初の書き込み。その記念すべき書き込みをここに掲載すると、こんな調子です。

『安藤先生の講義中に出る示唆に富んだ言葉、前回の講義では「ほんとうの企業の力は、”結びつける”こと」という言葉などが、大変意味深くポイントをついた言葉として、しみじみ感じています。ということで、安藤語録「リーダーへの言葉」を独断と偏見で講義2回分まとめてみました。

<安藤語録「リーダーへの言葉」>
第1回

  • 考えすぎれば全てハイリスクになる。
  • 戦略変更のターニングポイントは限界リスクの前にやってくる。(そのためにアーリーウォーニングサインを決めておく)

第2回

  • ほんとうの企業の力は“結びつける力”:顧客ニーズを商品開発に結びつける、社内の組織と組織を結びつける。
  • “くどい”の意味は9回はクドイが8回までは言い続けること:多くの対話がないと利害の調整は出来ない。人々の心を変えるのは、わかりやすく繰り返し言い続けることが必須。』

(以上、当時のMLより引用)

なかなか評判も良く、事務局の担当の方から「次回も安藤語録期待しています」という書き込みや、参加の方々の後押しもあり、毎回MLを掲載せざるを得ない状況になってしまいました。語録をやらなければ「まぁ、今回は忙しいからMLは遠慮しておこう」という、いつもの自分になってしまったかと想いますが、まさに参加された皆様に背中を押されて、「意思決定」と「勇気」で毎回MLを書く自分になっていました。

次の余田拓郎先生のマーケティングでも、毎回MLに投稿しようという積極人間に変化できたようです。余田先生の講義では、先生がマーケティング老師に想え、ヨーダ語録(私、Star Wars好き。余田先生、失礼しました。)として、毎回投稿しました。
語録化するということは、短い言葉で前回の講義をまとめる大変良い訓練になり、今でも時折見直すことで、当時の状況も浮かび、慶應MCCを使い切るには良い方法のように思います。皆さんも、“語録化”を試してみてはいかがでしょうか?

このような積極的なMCCへの参加で、日頃の業務で今まで意識していなかった「意思決定」のタイミングを事あるごとに考え、本業のマーケティングでは何時も限られた「戦略の引き出し」しか開けてなかったと気付き、他の「戦略の引き出し」も開けて見るようになりました。
とくに、はじめての学びであった川上先生のキャリアの話は、自分の専門分野ではなく普段あまり接していなかっただけに、チームメンバーの観方とチーム力を変える大きな機会となりました。さらには、自分のキャリアを考える上で大変役立っています。

今回のMCCで複数の学びを通して、あらゆるテーマ、あらゆる角度で“学び”を続けることが、仕事の一環だと認識しました。また、学び続けるためには、一緒に学ぶ仲間との交流が、学びの歩みを止めない秘訣かもしれません。とくに意思決定のML仲間は現在まで続いており、仲間達の活躍や学びの姿に刺激を受けることが大です。

大げさですが、一度の人生、いろいろな自分に変化し、いろいろな人生を経験できればと想っています。「一生勉強、一生青春」はご存知の相田みつお先生の言葉ですが、「一生変化、そのために一生勉強」のように想います。その意味で、この言葉、そして慶應MCCでの経験で、少し自分が変化できる契機として意味があったように想えます。

さらなる変化のために、そろそろ慶應MCCを覗いて見る時期のような気もしつつ、最後に座右の言葉を全文ご紹介して幕とさせて頂きます。

「未来は過去の延長線上だけにあるのではなく、また、未来は向こうのほうにあるものではなく、現在の意思決定と勇気によって創られるものである」
Herbert G.Hicks(安藤浩之先生訳)

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。