HOMEへ戻るMCCマガジン心の免疫力を高める

心の免疫力を高める

2015年12月08日

桑畑 幸博 慶應MCCシニアコンサルタント

Facebookでシェアされていたハーバード・ビジネス・レビューの記事にこんなのがありました。

他人がまき散らすストレスに”感染”しない4つの方法

この記事にある「ストレス」に限らず、確かに感情は伝染します。
楽しそうな人を見ると自分も楽しくなるし、辛そうな人を見るのはやっぱり辛い。
ニコニコ笑っている赤ちゃんを見たら、誰しもニッコリしてしまいます。

反対に私たちは、「自分がどんなに楽しかったかをわかってほしい」とか、「自分が今どんなに辛いかをわかってほしい」、つまり「共感してほしい」からこそ、楽しそうに、また辛そうに話します。

もちろんほとんどの場合、それは無意識で行っているわけですが、意識的に行う場合、「楽しそうに/辛そうに」話すのは、「共感してもらう」ためのテクニックです。
政治家の演説などは、まさにこのテクニックを使っているわけですね。

しかし、相手が無意識であれ、あるいは意識的にテクニックとして使っている場合であれ、私たちは毎回全てそれに共感しているわけにはいきません。

特に怒りや哀しみ、辛さや切なさ、そして恐怖心や不安感のような「負の感情」に共感、つまり「感染」していては、こちらが精神的に参ってしまいます。

だから相手の感情に対して、うかつに「感染」しないための自分なりの方法を持つことは大切です。

リンク先の記事では、それを「4つの方法」として解説しています。

では、私自身のそうした「自分の負の感情を振りまく相手」への対処法、つまり「心の免疫力」を高める方法をお話ししましょう。

1.相手の目的を見極める

まず、「問題解決」と「共感」のどちらを相手が望んでいるかを考えます。
相手が男性の場合には、前者の問題解決が目的の場合も多いのですが、わが妻も含め、女性の場合は後者の「共感」である割合が高いです(笑)

2a.「問題解決」が目的の場合の対応

相手の目的が問題解決であれば共感の必要はありません。せいぜい興味なさげに聞かないようにするのを心がけます。

それより重要なのは、ロジカルに相手の抱える問題を構造化することです。
ですから積極的に「いつから?」や「なぜそうしたの?」のように質問し、構造化するための情報を収集します。

要するにコンサルティングを相手は求めていますから、こちらもそれに徹します。

そして問題の構造を把握したら、「こういう構造になってるんじゃない?」と確認し、「とすると…」と原因や課題のオプションを挙げる。

あとは相手が勝手にそこから解決策を見つけたり、「ちょっともう一度考えてみるわ」と言ってくれたり、アドバイスを求められればアドバイスします。

この「問題解決」が目的の場合には、そもそも相手の感情に感染してしまう心配は、ほとんどないと言って良いでしょう。

問題は…

2b.「共感」が目的の場合の対応

そう、心の免疫力が必要なのは、この相手が「共感」を求めているケースです。

この場合、私はまず、プランAとプランB、どちらの対応をするかを決めます。
では、それぞれどのような対処法なのか、それをご説明します。

<プランA>
本当に共感しながら聞きます。当然私も負の感情に感染しますが、それは「後で解毒しよう」と割り切ります(解毒法は後述)。

<プランB>
共感している「フリ」だけします。相手に感づかれないように心を閉ざし、「大変だねえ」「そうか…」と相づちを打ちながら、「今晩何食べようかなあ」のような、できるだけ楽しいことを考えます。
このときやってはいけないのが、「早く話終わらないかなあ」と考えること。
これを考え始めると自分も「イライラ」という負の感情を持ってしまうからです。

え?、プランAとプランBをどう使い分けているのですか?
それははっきり言って「相手による」としか答えようがありません。
私の使い分け方の基準をお話ししても、それはひとつの考え方であって、決して正解ではないからです。
あと、それを話すと、私として後々困った事になるかもしれませんので(笑)

では、仕方なく相手の感情に感染してしまった場合の、私なりの解毒法をご紹介して、本日は終わりたいと思います。

(1)意識的に思考を停止させる

他者の負の感情に感染し、鬱々とした気分になったら、自分にこう問いかけます。
「で、自分が悩んで何かいいことあるの?」
ほとんどの場合、その答は「No! Not at all.」です。負の感情でいる意味はゼロ、であれば「悩むのは馬鹿らしい」となり、解毒できます。

(2)問題を意識的に矮小化する

要するに、「たいした問題じゃない」と自分に言い聞かせます。「まあ、どっちにしろ死ぬわけじゃなし」が一番のオススメです。

(3)もっと優先順位の高いことを思い出す

他人の悩みにウジウジしている余裕なんかない、という至極当然のことを思い出す。要するに「そういえばあれやらないと。悩んでるヒマなんてないじゃん!」という解毒剤です。
実際、他人の悩みをひとりで悩むのは、生産性にはただただマイナスです。はっきり言って寝てた方がよっぽどマシ。

(4)自分の幸せを噛みしめる

相手には決して言えませんが、「自分はこいつと比べると、なんと恵まれていることか」と自分に言い聞かせます。
これ、実は解毒だけでなく、相手の感情への感染を防ぐ「予防接種」としても使えます。つまり、「これは相手の悩みであって、自分の悩みではない」ことを確認することで、不必要な感情移入を防ぐのです。

実はもうひとつ、これに似た解毒剤として「自分には関係ない」と自分に言い聞かせるやり方もあるのですが、これは人としてちょっとどうかと思うので、本当に苦手な相手にしか使わないようにしています(笑)

桑畑幸博
慶應MCCシニアコンサルタント
ファカルティズ・コラム-ビジネス・スキルを高めるヒント集-

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。