HOMEへ戻るMCCマガジン「出産をはさんだ私の10年」塘口寛子

「出産をはさんだ私の10年」塘口寛子

2011年07月11日

プロフィール

1971年生まれ。大学卒業後、日系生保に就職したが、半年足らずで退職。4年間のフリーター生活を経て、外資系生保に就職。10年を超える人事のキャリアをつむ。この4月、息子が小学生になるのをきっかけに、会社員生活を卒業。現在は、地域での活動や月3日程度の仕事をしながら、子育て中心の生活を送る。

 

「キャリアアーキテクチャ論」を受講したのは約10年前。この間、キャリアの節目をいくつか経験した。会社を退職し、出産、再び就職、そして退職。なかでも出産は、大きな節目となった。

26歳で結婚後、なかなか子宝に恵まれなかった。「三つ子の魂百まで」を信じていたから、妊娠したら退職するつもりだった。腰掛のつもりで人事のキャリアをスタートしたが、なかなか妊娠できない。このまま子供ができないのか? だったら、どんな専門性をつければいいの? なかなか決められない状況に悶々としていた30歳。そんなとき、MCCの「キャリアアーキテクチャ論」に出会う。
自分より10歳以上も年上の受講生に囲まれ、圧倒された。自分の意見が持てない。自分の駄目なところばかりに目が向いていた。自信なんてかけらもなかった。

そんな状態のまま講座が終了。やがて、人事らしい仕事、新しい人事制度の企画に没頭できる部署へ異動した。経営者の傍で働くまたとないチャンス。無我夢中になって働いた。ちょうど制度導入を終えたとき、妊娠した。もう諦めていただけに、心から、うれしかった。それまでのペースで働くことが想像できなかった。子育てに専念したかった。だから、会社を辞めることに、まったく迷いはなかった

やがて臨月を迎える。おなかの赤ちゃんは順調に育っていたから、自然分娩ができないなんて想像もしていなかった。2日間の陣痛に苦しんだ結果、帝王切開となった。麻酔した瞬間、陣痛の苦痛から解放されほっとしたのは今でもよく覚えている。無事に出産を終えたが、あまりの疲労に2日間ベッドから起き上がれなかった。

産後しばらく赤ちゃんを抱く元気がなかった。母としての実感は、まったくわかなかった。そのせいか、まったく母乳が出なかった。母乳がなくても、ミルクのおかげで赤ちゃんはスクスクと成長した。自然分娩もできない、母乳もでない、”メス”としての役割を果たせない自分が情けなかった。

退院後、3日も経たないうち、「こんなはずじゃなかった」と思ってしまう。家から一歩も出られない。十分に眠れない。ゆっくり食事もできない。お風呂でリラックスできない。なかなか泣き止まない赤ちゃんとの生活に疲れ果ててしまった。何気ない家族の言葉にも傷ついてしまい、落ち込むことも。結局、産後1カ月は、母乳での育児は実現できずに終わる。

その後、実家から東京に戻ってくる。昼間母子2人の生活は、気楽だった。なかなかおいしい食事をとることはできなかったが、ご飯、味噌汁、ひじき、そしてたんぽぽコーヒーさえあれば、十分だった。誰にも気を使わない気ままな生活のおかげか、母乳がよく出るようになる。徐々に子育てのリズムつかめるようになり、赤ちゃんとの暮らしを楽しんだ。

ひょんなきっかけで、再び仕事に戻ることを決意。せっかく働くんだったらおもしろい仕事がしたい、との思いから、産前に働いていた会社に再就職。契約社員という気楽な身分で、在宅も活用しながらマイペースに働くことを選択。1年を経過するころ、周囲からの「中途半端」という声にならない声を感じる。そこからスイッチが入った。子供がいるからといって甘えることなく、周囲や会社の期待に応え働くようになる。

そんな矢先、「正社員に」という上司のすすめもあり、フルタイムのマネージャーに。旦那や実家の母の協力を得て、海外出張、国内出張、合宿研修などもこなした。家事と育児の両立支援制度の企画をきっかけに、社内にダイバーシティを推進するチームを発足することになる。

会社の期待にNoと言わずに働いたため、猛烈に忙しい日々となる。保育園へのお迎えもあり、会社での残業ができない。だから、家での”持ち帰り残業”が当たり前に。子供とちゃんと話がしたい。おいしい料理をつくって食べさせたい。でも、そんな時間は全くなく、簡単な夕食をすませ、子供にTVを見せつつ、傍らでパソコンを開き、仕事をしていた。深夜3時まで働いたり、早朝4時から働いたりすることも頻繁だった。

今思うと、一生懸命働く自分の姿に酔っていたのかもしれない。劣後順位をつけられない自分。自分で自分の首を絞めていた。徐々に心も体もついていかなくなっていった。上司と相談し、ペースを落として働くことも試してみたが、いつのまにか、また忙しい日々となる。

「本当にやりたいことは何?」そんな問いをきっかけに、約1年間、自分と向き合う日々を過ごした。徐々に、自分の大切にしたいものがみえてきた。2人目を妊娠する可能性がないかもしれないとわかると、いっそう、子供との時間を大切にしたいと思った。子供の小学校入学をきっかけに、今年の3月いっぱいで会社を辞める決意を固めた。

会社を離れて3カ月。子供との時間を大切に、毎日をかみしめて生きている。時間がゆっくり流れるようになった。心穏やかに過ごしている。今、やりたいことは、子供との時間を味わいつつ、明るく可能性にあふれた未来を子供たちに残すこと。そのために、これからの自分の時間を使っていきたい。

「キャリアアーキテクチャ論」を受講していた10年前、自分なりの言葉で「キャリア」の定義を試みた。しかしうまく言葉にできなかった。今改めて、自分なりの言葉でキャリアを定義すると、「キャリアとは、自分自身の心の声に素直でありたいと思う気持ちと、周囲の期待に応えたいと思う気持ちのぶつかり合い、そのたびに自ら選択した結果の産物である」。これが、現時点での私なりキャリアの定義だ。

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。