HOMEへ戻るMCCマガジン木下 龍也『あなたのための短歌集』

木下 龍也『あなたのための短歌集』

2022年08月08日

あなたのための短歌集
著:木下 龍也; 出版社:ナナロク社; 発売年月:2021年11月; 本体価格:1,700円

ぬりたての絵を風という観客がよろこびながら乾かしてゆく

 窓から入ってきた爽やかな風に、かすかな絵の具の香りを感じる。この短歌は、歌人・木下龍也さん著『あなたのための短歌集』に収録されたものだ。依頼者からのお題をもとに短歌をつくり、封書にして届けるという短歌の個人販売「あなたのための短歌1首」。そこから生まれた100題・100種が一冊の本になった。冒頭の短歌のお題は「風とおしの良い」。依頼者はお題のメールの中で、自身がイラストレーターであると明かしている。

 この個人販売では4年間で700首もつくられたというのだから恐れ入る。それだけ、短歌を求めたひとがいるということだ。お題は自分の名前や好きな言葉、思い出から、漠然とした不安や人生の悩みまで、様々である。好きなものなら写真に残してもいいし、Tシャツのロゴにしてもいい。不安や悩みは、ひとに話すのもいいし、アイスクリームを食べて眠るのもいい。あるいはそのどれも、歌人に依頼して、三十一文字の世界に閉じ込めてもらうこともできるのだ。木下さんの短歌は、依頼者の想いにきゅっと寄り添いながらも、独特な目線で足元を照らしてくれる。それが心地よい。

頑張らなくてもいいんだよと思える短歌をお願いします。

もがくほどしずむかなしい海だから力を抜いて浮かんでいてね

 お守りのように持ち歩きたい短歌だ。もがいている自分に気づいた時、懐からさっと出せば、気持ちが落ち着くだろう。

最近ずっともやもやとした悩みを抱えています。励みになるような短歌をいただきたいです。

いつからか頭のなかで飼っている悩みがついにお手を覚えた

 得体の知れない悩みという獣も、木下さんにかかれば、お手すら覚える。ならばもう暫くは飼ってみても良いか、何ならおかわりも教えようか、と思わせてくれる。

人生のどん底にいる人へ、一筋の光のような希望を与える短歌をつくってほしいです。将来、夢を叶えられなくて絶望したり、大切な何かを失ったりしたとき、生きていくために口ずさめる歌がほしいです。

絶望もしばらく抱いてやればふと弱みを見せるそのときに刺せ

 抱いてやったかと思えば、すかさず刺す。この緩急がたまらなく好きだ。油断しきった絶望の、「ぎゃあ」という断末魔すら聴こえてくる。依頼者はきっとこの歌を忘れられないし、その時がきたら絶望を打ち果たせるに違いない。

お題は「幸せな犬」です。犬たちと暮してきた実家を出てから、犬を飼って、世界一幸せにすることが、私の人生の目標でした。ちょうどこれを書いているいまは、犬を迎える3日前です。

人間へ 食べ物よりもきみが好きな日もたまにはあるよ。 犬より

 人生の幸せを凝縮したような短歌もある。犬好きにはたまらないだろう。私も今すぐ実家の犬の元に駆け寄って、おでこのふわふわとした毛の、陽だまりのにおいをかぎたくなる。
 あるいは「なぜそのお題を?」と、ふふっと笑えるユニークなものもある。

お題は「オムレツ」でお願いします。

崩壊と崩壊の間にオムレツというひとときの成形がある

お題は「鶏肉」でお願いします。

ささみ・むね・もも・すね・てばにわけられて天国でまたにわとりになる

 依頼者にとっては、とても思い入れのある食べ物なのかもしれない。依頼文はたった一言で、背景が見えないだけに難解だ。木下さんは、お題一つに一つにどう向き合い、短歌をつくられたのか。あとがきではこのようにつづられている。

「あなたのための短歌1首」のお題はひとつとして同じものがない。それだけ人生が多様であるということだろう。大切な人との死別、結婚、離婚、出産など、僕自身が経験していないことや、経験できないことについてのお題も多々ある。手がかりとなる情報は、お題としてお送りいただくメールのテキストだけだ。依頼者の一面、しかも他人である僕に見せることのできる、わずかな部分でしかない。そんなとき僕は、そのわずかな部分に自分を重ね合わせて、自分ならどんな言葉がほしいだろうか、ということを考える。(中略)それを探しながら数時間、ときには数日をかけて、何度もお題を読み返して一首をつくる。

 人はそれぞれの絶望、それぞれの犬、それぞれのオムレツを持っている。短歌を送った後、依頼者から反応があるのは稀だという。答え合わせすらほとんどできない。それでも木下さんは、相手の見せるわずかな部分に、重ね合わせていく。精緻に、慎重に。

 ところでこの本は、右のページに「お題」が、左のページに「短歌」が書かれている。どちらか片方だけでは成立しない、お題と短歌でひとつの作品なのだ。依頼者の個人的なお題は、共有を通して客体化され、私たちのお題になっていく。そして木下さんの短歌もまた、私たちへの短歌になる。私も特別心に残った短歌があった。三十一文字を読み終えて、目のふちに涙が溜まった。あまりに心が動いたので、ここに書くことさえできなかった。そのくらい、私のお題で、私のための短歌だった。この本の中には誰にでも、そんな一首があるはずだ。

(内田紫月)

あなたのための短歌集
著:木下 龍也; 出版社:ナナロク社; 発売年月:2021年11月; 本体価格:1,700円

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。