HOMEへ戻るMCCマガジン和田 秀樹 「40歳からの勉強法」

和田 秀樹 「40歳からの勉強法」

2003年03月11日

和田秀樹 ヒデキ・ワダ・インスティチュート代表、川崎幸病院精神科顧問
 >>講師紹介
講演日時:2002年11月7日(木) PM6:30-PM8:30

11月7日(木)の夕学五十講は、あのベストセラー「大人のための勉強法」の著者、和田秀樹先生のご講演でした。さすが勉強法を説かれるだけあって、論旨明快で、実にわかりやすく、また得られるものが多かった2時間でした。和田先生のお話の中心テーマは、「どうやったら頭が良くなるか」ということでしたが、それには、IQ的な頭の良さを磨くことと同時に、EQ(心の知能)を鍛えることが重要であるという点が、とても新鮮でした。

まず、IQ的な頭の磨き方ですが、まず大事な点は外部にある情報を頭の内部に取り込むこと、つまり「知識化」(記憶)を高めることだそうです。なぜなら、莫大な情報の中から、価値あるものを見極めるためには、結局、個人が持つ「知識」が必要だからです。

では、どうすれば、「知識化」つまり「記憶力」を高めることができるのか。和田先生は、「記憶力」を3つのプロセスに分けて、それぞれに具体的な処方箋を示してくれました。3つのプロセスとは、「入力」「貯蔵」「出力」です。まず、「入力」を良くするためには、記憶しようとする情報を「理解すること」が大事です。わかることは覚えられる、ということです。そしてまた、その情報に関心を持ち、注意を向けることです。そうすれば集中力が高まり、覚えやすくなるからです。

次に「貯蔵」するためにやるべきこと、それは「復習すること」です。入手した情報は、脳内の一時的な保管場所である、「海馬」というところに入りますが、約 30日で消えてしまうそうです。そこで、早めに復習することで、同じ情報を再度取り込む、そうすると、脳が、これは大事な情報であると判断して、一時保存用の「海馬」から、記憶を長期保持する「側頭葉」の方にその情報を移すのだそうです。

そして、最後の「出力」については、「受け売り」の効用を説かれました。つまり、人から聞いたこと、テレビで見たことなど、要は入力した情報をすぐに他の人に話してみる。「受け売り」は、あまり良くないことのように言われますが、話すこと自体が、「復習」になっているし、理解していないと人には話せないため、そのテーマに対する理解が深まります。ですから、記憶を強化するために、実はどんどん「受け売り」をやるべきなんですね。

さて、和田先生によれば、「無から有は生まない」、つまり入力がないと答えは出ない、ということで、まずは「知識」獲得の重要性を説かれたわけですが、頭の良さとは、「知識」を用いて「推論」を行い、様々な答えを出すことのできる、「問題解決力」を意味するそうです。様々な状況において、柔軟な問題解決ができる人こそが、頭が良いということです。そして、この問題解決力において重要なのが、「メタ認知」(力)です。メタ認知とは、自分のおかれた状況や、自分の認識を客観的な視点でモニターし、コントロールできる力です。この「メタ認知」を働かせることによって、ワンパターンに陥りがちな思考を回避し、柔軟な問題解決ができるようになるのです。

一方、IQ的な頭の良さに加えて大事なのが、精神医学的な頭の良さ、つまりEQ的な能力です。和田先生は、人に聞くのが一番早いのだから、知識を持っている人と仲良くなるために「対人関係能力」が必要であること、また「感情」がメタ認知を曇らせ、間違った判断に導く可能性があるため、自分や相手の感情を知り、コントロールできる「感情コントロール力」や、自分で自分の意欲を維持し続けることのできる「セルフモチベーション力」の重要性を強調されていました。

つまり、和田先生の話をまとめると、頭を良くするには、「知識」「推論」「メタ認知」「対人関係能力」「感情コントロール力」「セルフモチベーション力」といったものをバランス良く伸ばすことが大切なのです。

最後に、和田先生は、中高年の方々に対する具体的な勉強法として、自分の人生経験が活きる学問を選ぶことを提案されました。なにより自分が経験してきた、興味のある学問であれば意欲を維持しやすいですし、分野で言えば、自然科学系より人文科学系の方が、年を取っても取り組みやすいそうです。

そして、勉強するやる気がなかなか出ないという方々のために、とっておきの調査結果を教えてくれました。ある学者がオランダで55歳から85歳までの中高年2,380人を対象に行った調査によると、「心臓病の有無」による死亡率の違いは2倍、「ガンの有無」のよる死亡率の違いは1.7倍であるのに対して「情報処理能力」「流動性知能」(つまり知的能力)の優劣による死亡率の違いは、なんと3倍でした。つまり、長生きしたかったら、病気に罹らないことに気をつけることよりも、勉強して頭を鍛えつづける方がずっと効果的だということです。

長生きの秘訣は、実は‘勉強すること’だった。このことを知ることができただけでも、今回の受講者の方々には福音だったのではないでしょうか?

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。