HOMEへ戻るMCCマガジン千住 博「日本の美、世界の美」

千住 博「日本の美、世界の美」

2015年10月13日

千住 博
画家、京都造形芸術大学教授
講演日時:2015年6月9日(火)

千住 博

実は、美術館が好きではない。
混んでいると、おばちゃんの鞄が早く進めよと言わんばかりに押してくるし、反対にガラガラだと、「教えたいおじさん」に捕まってしまうからだ。
なので、藝術には縁遠い暮らしをしている。
本日の千住博先生の講演『日本の美、世界の美』は、旧石器時代の洞窟壁画の話にはじまり、平和の話にまで広がった。
藝術とは特別なものではなく、身近にあるもの。
それを、美術や藝術に疎い私にでも感じさせてくれる内容であった。
特に「日本の美」と「美しさと綺麗の違い」の話が印象的だったので、その部分を書いていく。

さて、「日本の美」とはどういうことなのか。
多くの人の頭に、まず思い浮かぶのは四季や、自然と一体になった美だろう。
しかし、千住先生によれば、それは正確ではない。
日本の美と言っても、それは世界の一部であり、共通認識があるからこそ、国境を越えて感動できるのだという。
たとえば、ピカソの絵を見て感動するのは、スペイン人だけでなく、世界中の人が感動する。
文化は国ごとに、その土地や気候などに合わせて発展してきたが、元を質せば同じである。
雨が降れば洞窟に入り鬱々とした気分で過ごし、晴れれば狩猟や採集に励む。
文化が発展していく段階で、違う経路を辿ったため、置いてきたもの。
そこに、どこか懐かしさを感じ、心が惹かれるのではないか。

私自身が、ある絵に惹かれる理由を問われれば、郷愁を感じるかどうかがポイントである気がする。そして、懐かしさを感じることができるのが、自分の目にとっての「美」であると思う。しかし、郷愁を感じるものは、必ずしも自分が生きている時代に感じたもの、見てきたものではない。

たとえば、ある東南アジアの国に旅行に行く際には、異文化として受け止めている気がしない。
どぶ川で遊ぶ子供や、物乞い、バラック小屋、そして人間が生き生きした感じ、かつての日本を感じるのだ。
私が子供の時には、どぶ川で遊ぶ子供はいなかったし、物乞いをする人もいなかったが、何か懐かしい感じがする。
かつて、自分の人生に存在していなかったに出来事にも関わらず。
多くの人がこういう感覚になることがあるからか、輪廻転生を信じる人もいる。(私は信じないが)

郷愁(nostalgie)とは、ギリシア語では帰還(nostos) 苦しみ(algos)が合わさった言葉である。その戻れない苦しみを藝術は「美」をもたらし、満たしてくれているのではないかと考えた。だから、異国に行き、自然に新鮮に生きている人たちを見ていると、欠けてしまったものが、その人たちにはある気がして、戻れない哀しみのようなものを感じる。
日本だから、日本人だから、と国民性で一括りにまとめられない「美」が、世界にはあるのだ。

では、そもそも「美」とは何か。
「美と綺麗は違う」と千住先生は言った。
「美」とは、人の本能に働きかけるものである。
たとえば、美味しいものを食べた時に、人は生きていてよかったと思う。
その「生きていてよかった」と思うことこそが「美」である。
ゴーギャンは自殺するつもりで、タヒチで最期の一枚を描いた。その絵に救われて生きて描くことを選択した。自分の絵に心が動かされることにより、生きていくことができた。
人に生きる力を与えてくれるものが「美」なのだ。
しかし、「綺麗」とは整っていること、秩序を与えることの意味から脱することはない。

確かに、私も整ったものに美しさを感じない。
○○自然公園など、人の手が入った(手入れされた)自然に美しさを感じない。
というか、心が動かされることが無いのだ。
むしろ、手つかずの草が生え放題のほうが、生命力を感じられて、心を打たれる。

同じく人間もそうである。整ったものに感動しない。胡散臭い気がする。
「美」と「綺麗」の点から考えると、人間は綺麗になっている。
特に女性は化粧の技術が上がっていて、見た目にも、そこそこ綺麗な人は沢山いる。
内面的にも整然としていて、感情を表に出すことがない。
先日の五木寛之先生の講演内容にも通ずるが、人間が喜怒哀楽を示さずに、スマートに人工的に生きようとしていると感じる。
人間にも会うとエネルギーを貰える人もいるし、そうでない人もいる。そこにもやはり「美」が関わっているのではないか。
かといって、人工的なものが「美」に遠いわけではない。

話は逸れるが、千住先生は「滝」の絵を主に描いている。
今までは常に自然の塗料を用いて描いていたが、新作では初めて蛍光塗料を使用したという。
その理由は、夜の闇の怪しさを描くのには、ネオン街に浮かぶ蛍光色のほうが、より的確に闇を表現できると感じたからだ。
ここには、人工的なものに頼ることで、より自然の美を追求できたことが伺える。
演技をする役者たちも、人工的な人間を自分の中に作り上げることで、より自然な演技ができ、人を感動させる。

「美とは何か」。簡単に定義できるものではない。
出会ってはじめて心が動かされるもの。先生の絵の「滝」のしぶきのように、かたちを留めないその時どきの、一瞬のものなかもしれない。

(ほり屋飯盛)

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。