HOMEへ戻るMCCマガジン山本 晶(慶應義塾大学大学院経営管理研究科 ビジネス・スクール准教授)

山本 晶(慶應義塾大学大学院経営管理研究科 ビジネス・スクール准教授)

2022年02月08日

慶應MCCにご登壇いただいている先生に、影響を受けた・大切にしている一冊をお伺いします。講師プロフィールとはちょっと違った角度から先生方をご紹介します。

山本 晶(やまもと・ひかる)

山本 晶

  • 慶應義塾大学大学院経営管理研究科 ビジネス・スクール准教授
慶應MCC担当プログラム

1.私(先生)をつくった一冊をご紹介ください

天才たちの日課
メイソン・カリー
金原瑞人(翻訳), 石田文子(翻訳)
フィルムアート社
2014年12月

2.どのような内容ですか?

フロイト、ピカソ、バルザック、エルデシュ、プルーストなど、古今東西の作家、作曲家、画家、研究者などの毎日のルーティンについての本です。

3.その本には、いつ、どのように出会いましたか?

仕事で忙殺されるなかで、どうしたら研究の時間を確保し、成果を出せるのだろう?と悩んでいるときに出会いました。

4.それは先生にとってどんな出会いでしたか?

作家も、作曲家も、研究者も、大体みなさんルーティンがあって、毎日必ず決まった時間に創作活動をしていることが発見でした。

「インスピレーションが湧いたら書くというのはアマチュアの考えで、僕らプロはただ時間になったら仕事に取り掛かるだけ」という画家の言葉や、「基本的に、なんでも規則正しくやれば、創作上の壁にぶちあたったり、ひどいスランプに陥ったりすることはない」という作曲家の言葉がとても響きました。

私自身も調子のよい日も悪い日もあるのですが、とりあえず決まった時間に仕事に向かうことにしています。

5.この本をおすすめするとしたら?

日常生活で忙殺される中で、どうしたら本質的に重要なことに時間を割くことができるのか。そんな悩みを持っている人に読んでもらいたいです。

山本 晶(やまもと・ひかる)

山本 晶

  • 慶應義塾大学大学院経営管理研究科 ビジネス・スクール准教授
慶應MCC担当プログラム
1996年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。外資系広告代理店勤務を経て、2001年東京大学大学院経済学研究科修士課程修了。2004年同大学院博士課程修了。博士(経済学)。東京大学大学院助手、成蹊大学経済学部専任講師および准教授を経て、2014年4月より慶應義塾大学大学院経営管理研究科准教授。専門はマーケティングで、主にデジタル環境下における消費者行動の研究に従事。エムティーアイ社外取締役、ポーラ・オルビスホールディングス社外取締役。日本マーケティング学会(常任理事)、日本マーケティング・サイエンス学会、日本消費者行動研究学会、日本商業学会(幹事)、INFORMS、ACR、の各会員。

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。