HOMEへ戻るMCCマガジン山根 節「会計情報から経営を「読み・解く」」

山根 節「会計情報から経営を「読み・解く」」

2003年07月08日

山根 節
慶應義塾大学大学院経営管理研究科・ビジネススクール教授 商学博士

地図の読めない企業家はありえない

いきなりで恐縮だが、皆さんに経営というものをイメージしていただきたい。例えばトヨタの経営活動を頭に描いて欲しい。トヨタという会社は、いろいろな側面をもっている。たくさんの車種の車を作り(製品)、世界中に工場や営業所を持っている(ロケーション)。世界に冠たるハイテク技術をもっている(技術)。全世界でたくさんの人が働いている(人材)。特異な企業文化を持ち、ブランド・イメージも高い(カルチャーやブランド)。これらはいずれもトヨタという会社の説明要素である。こうした説明は切りがないほどいろいろある。経営活動を簡潔かつ包括的にとらえることは、容易ではない。

その中で、会計とは『企業の経営活動を包括的かつコンパクトに捉えるツール』である。しかも”唯一”のツールである。会計のほかに、経営活動を総合的、包括的に捉える手段はこの世に存在しない(!)。図表を見ていただきたい。

会計=経営の写像

経営活動は、企業で働く個々の人々の活動すべてを含んでいる。それらは有機的に結びついてはいるものの、それぞれは別個に動いている。企業にはヒトのほかに、モノやカネや技術やノウハウがあり、役割や形が異なっている。会計はこれらを総合的、統一的にまとめて捉えてしまうのである。

会計はまず経営活動に光を当てる。その光は貨幣価値という観点からの光である。光を当てると、反対側にある平面に写像が投影される。これが財務諸表であり、会計情報である。これは一種の平面図であり、それゆえ欠点も多いが、経営活動をトータルかつ簡潔に捉えることができる。

われわれは少し経験を積むと、この平面図を見ることによって、立体的な経営活動を頭の中に再構成することができるようになる。この行為が「財務諸表を読む」ことである。財務諸表を読むことによって、企業をトータルに捕まえ、問題の全体像を把握することができる。将来のあるべき姿を構成し(計画とは、企業の将来あるべき姿を一つに写像化し、財務諸表の形にまとめるプロセスである)、働く人々を指揮する有力な手段となる。

「経営者にとっての財務諸表」はよく、「登山家にとっての地図」に例えられる。地図は山を等高線で切り取って平面図に投影したものに過ぎない。しかし地図は山を包括的に捉えたものなので、登山家が登山するにあたって、なくてはならない情報源である。

会計は一定期間の経営活動をトータルに捉える「唯一のツール」であり、こんな手段は他に存在しない。企業という乗り物に相乗りする、たくさんの利害関係者の命運を左右する地図である。「地図の読めない登山家」がありえないように、「地図の読めない企業家」は本来ありえない。

現実の財務諸表と『格闘』する

ではどうやって会計をマスターしたらいいのか?「会計が苦手なのですが、どうやってマスターすればいいのですか?」というビジネスマンに対して、私はいつもこんな風に答えることにしている。
「もしあなたが経理マンになりたいのなら、簿記学校に少なくとも6ヶ月通って複式簿記と会計学をきっちりマスターすることを勧めます。でも、もし数字のわかる経営管理者になりたいのだったら、現実の財務諸表と格闘することをお勧めします」

会計のマスターはパソコンのマスターと似ている。私はプログラミングが全くわからない。しかし今は講義でも著書の執筆でもメールでも、問題なく使いこなしている。それはひとえにここ数年、パソコンと格闘したからである。パソコンのプロになろうと思ったら、プログラミングの一から勉強したほうが良いに決まっている。しかしパソコンが仕事で使えれば良いのなら、パソコンの実際に触って格闘した方が早いのだ。

会計は経営を写し撮ったものに過ぎない。経営を多少知っているビジネスマンは、経営活動がどんなふうに財務諸表へ投影されるのか、幾つかのポイントを押さえると財務諸表が読めるようになる。そのためには丸い数字の入った架空の財務諸表ではなく、現実に儲かっている企業や自分の会社、ライバル企業など、興味がそそられる会社の財務諸表を前にして、そのビジネスモデルを考えていく方がいい。財務諸表で経営を議論していけば、極めて有効なツールであることも実感できるはずだ。

こんな発想で、MCCで「財務諸表を読み解く」コースを9月から6回にわたって構成しようと計画している。複式簿記などはやらず、実際の財務諸表でいきなり経営の討議を始める。わずか6回のセッションだが、参加者の方々が財務諸表の奥に広がる経営を考え、経営を大局的にとらえる良いきっかけになるはずだ。構造改革が強く求められるわが国において、「地図の読める企業家」を輩出するお手伝いができればと願っている。

(『月刊丸の内』 7月号より)

山根 節
慶應義塾大学大学院経営管理研究科・ビジネススクール教授 商学博士
公認会計士。 東京メトロポリタン・コンサルティング・グループ株式会社設立・同社代表。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修士課程修了、同大学大学院商学研究科後期博士課程修了。商学博士。慶應義塾大学大学院経営管理研究科・ビジネススクール助教授、米国スタンフォード大学客員研究員を経て、2001年より現職。

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。