HOMEへ戻るMCCマガジン『サンタクロースっているんでしょうか?』

『サンタクロースっているんでしょうか?』

2021年12月14日

サンタクロースっているんでしょうか?
著:The New York Sun, 中村妙子訳、東逸子挿絵: 出版社:偕成社; 発売年月:1977年12月; 本体価格:800円

皆さん、どなたもがきっと、子どものころ一度は思い、大人に問いかけたことでしょう。
「サンタクロースっているんでしょうか?」

原題は、「Is There a Santa Claus?」。
米国ニューヨーク・サン新聞のもとに届いた、8歳の少女バージニアからの手紙と、これに答える記者からの返事。1897年9月21日付の社説に掲載され、大きな反響を呼びました。のち、クリスマスの季節が近づくたび毎年掲載されるようになり、米国中に、そして世界に広がりました。100年以上たったいまでも世界中で語り継がれています。

日本では1977年12月に絵本として出版されました。すぐに話題となり、たびたびメディアでも取り上げられてきました。2020年の第124刷で80万部を超えるロングセラーといいます。子どもはもちろん大人にも読まれて続けている絵本です。

私の手元にある一冊は1978年の第12刷。バージニアと同じ年ごろに、「サンタさんっているのかな?」 とつぶやいた私に、母が贈ってくれました。

記者さま、私は8つです。
私のともだちに、「サンタクロースなんていないんだ。」といっている子がいます。パパに聞いてみたら、「サン新聞に問い合わせてごらん。新聞社で、サンタクロースがいるというなら、そりゃもう、たしかにいるんだろうよ。」と言いました。
ですから、お願いです。教えてください。サンタクロースって、ほんとうに、いるんでしょうか?
     バージニア=オハンロン

この手紙に、当時社説を担当していた記者フランシス・ファーセルス・チャーチが答えます。

「バージニア、お答えします。」「あなたのお友だちは間違っています。」
「うたぐりやは、目に見えるものしか信じません。うたぐりやは、心の狭い人たちです。心が狭いために、よくわからないことがたくさんあるのです。それなのに、自分のわからないことは、みんな嘘だと決めているのです。」
「この世の中に、愛や、人への思いやりや、まごころがあるのと同じように、サンタクロースもたしかにいるのです。」

これを読んで私は、とても嬉しくなりました。何かに抱きしめられたような、あたたかさを感じました。

目に見えないから、いない、ない、ということではないんだ。という価値観。
ほかの人がいないと言っても、私はいると思っていていいんだ。という肯定感。
この絵本との出会いなしにはいまの私はない、と言えるほどに、私にとって大切な一冊です。

Is there a Santa Claus?

私は二度目、この絵本に出会いました。原文の英文でした。
当時簡単ではなかったコピーをとってもらって、大切に絵本にはさみこんだことを覚えています。タイトルにLesson12とあり、脚注にはinfluenceやskepticismなど単語の発音が記載されているので、英語教材だったのでしょう。いつどう手にしたのかは忘れてしまいましたが、いまでも絵本とともに大切に持っています。

「Dear Editor:
I am 8 years old. Some my little friends say there is no Santa Claus. Papa says, “If you see it in The Sun, It’s so.” Please tell me the truth. Is there a Santa Claus?」

8歳の少女が自然に使っているこの”there is there are 構文”。
当時の私を変えてくれた、偉大なる“知”でした。

いまでは、身近に音や文字があふれ、小学生のころから親しみ始める英語ですが、私たち(おそらく多くの読者の方が)育ったころは、中学1年生の教科書で出会う、“This is a pen.””My name is Mari Yukawa.” で英語学習は始まりました。私はおおいに戸惑いました。この一教科だけが特別、難しかったわけでも苦手だったわけもありませんでした。ただ私は、IなのかWeなのか、It isなのかIt wasなのか、全てが主語から始まり、主語が決められなければ何も進まない、そんな英語の構造(思考)に違和感があって仕方がありませんでした。好きになれませんでした。

あなたはどう思うのか、あなたはどうなのかと、常に問われ続けられる息苦しさ。そこにたしかにある美しさや印象がうまく表現できない、もどかしさ。学び始めて数年たち、耳や頭では英語に慣れても、いつまでも心がついてきません。苦手意識とともに、抵抗感がつきまといました。

これを解決してくれたのが There is. There are構文でした。
“Is there a Santa Claus?” とバージニアは問います。“Does Santa Claus exist?” でもなく、”Do you believe in Santa Claus?” でもなく。

さらに、8歳の少女が会話や手紙に使うような、自然な日常表現でもあるのです。おしゃれで、素敵な武器をひとつ、私は手に入れた気持ちでした。それからはとても気に入って、英作文で好んでよく使いました。私の思考のつまづきを和らげてくれ、表現の可能性をぐっと広げてくれました。

そしてこれは、“学び”を、“学び=楽しい” に変えた、私のブレイクスルーでした。
新しいことを知る。それを使うことで表現できることが増える。
知る・覚える・わかるだけでなく、自分のものになってこそ、学びは楽しい。
この実感が持てたからこそ、仕事としても学びに携わる、いまの自分がある、とたしかに思います。

サンタクロースっているんでしょうか?

現在本書は第125刷(2021年10月改定版)です。今年のクリスマスも変わることなく、書店の絵本コーナーやお店のクリスマスプレゼントコーナーに並んでいます。この絵本がいまなお、多くの子どもたちに読まれ、親しまれていることを心から嬉しく思っています。

しかし現代の子どもたちは、これまでの私たちとは違う問いを新たにもっているかもしない、と気づきます。

なぜ新聞社に手紙を書くの?インターネットで調べれば簡単にわかるのに。
どうしてお父さんは答えてくれなかったの?バージニアはお父さんに質問したのに。

この社説が掲載されてから125年がたちます。
100年の間、たしかに語り継がれ、変わらず共感を得てきたと言えましょうが、最近の10年15年で、古い時代の話、理解しにくい話、にもしかしたら変わってしまったのではないでしょうか。そもそも紙の新聞を見たことがない、情報はすべてインターネットにあると思っている、そんな子どもたちも多いかもしれません。それらは致し方ないことです。そして、それら些細と思うほど、この文章・絵本には、いつまでも変わることのない、もっと大切なことがあると信じます。

お父さんはバージニアに、自分で答えるかわりに、答えを探すことを教えました。
フランシス記者は、答えが二者択一ではないことや、いつでも合理的に決まらないことを人々に訴えました。
バージニアは、目に見えない心や思いやりやサンタクロースを信じて、自分で考え続けました。

サンタクロースっているんでしょうか?いま、皆さんでしたら、どうお答えになるでしょうか?さいごに、絵本はこう締めくくられます。

「サンタクロースがいない、ですって!とんでもない!
うれしいことに、サンタクロースはちゃんといます。それどころか、いつまでも死なないでしょう。」

絵本はいまでも私の本棚に並んでいます。大きくなって絵本はすべてお下がりに出し、引っ越しや節目のたび持ち物を整理しましたが、この一冊だけは手元に残してきました。カバーは破れてなくなり、紙は古くなって黄ばんでいますが、いまでも鮮やかに私に微笑みかけてくれています。そしてこれからも、いつまでも、読み続け、大切にしたい一冊です。

原文はこちらで読むことができます。
https://www.newseum.org/exhibits/online/yes-virginia-there-is-a-santa-claus/

(湯川真理)

サンタクロースっているんでしょうか?
著:The New York Sun, 中村妙子訳、東逸子挿絵: 出版社:偕成社; 発売年月:1977年12月; 本体価格:800円

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。