HOMEへ戻るMCCマガジンコミュニケーションを考える

コミュニケーションを考える

2009年09月08日

ある日、「ああ、わたしも大人になったんだな~(溜息)」と感じた瞬間がありました。
どんな瞬間だったかと言うと。
例えば、
疲れやすく元気を取り戻しにくい体に気づいた時。
すぐに増え、そして減らない体重を嘆く時。
例えば、
友人の結婚式に立て続けに呼ばれ、また、出産祝いに駆けつける時。
両親の還暦を祝い、末の妹の就職を祝った時。
そして、
身近で大事な人がまたひとりと亡くなってゆく時。
大人になるとは、年をとる・時間が経つとは、ああ、こういうことなのかと
一抹の寂寥感とともに、時に大きな喪失感とともに思ったものです。
もっと卑近なことで、気づいた変化もありました。
これが、実は「大きな」変化であるとわかったのは、慶應MCCでコミュニケーションのプログラムを担当するようになってからでした。
変化とは例えばこうです。


買物にでかける先がだいたい決まってくる。
それと同時に、タンスの肥やしになる服、履かない靴が減る。
行きつけのレストランができる。
気に入った美容院はもう10年も変えていない。
同じ作家の本が並ぶ。
音楽も映画も、何を聴けば元気が出るか、自分がどんな映画を見たいのかわかってくる。
以前は、こうは行きませんでした。
事実そう行っていなかったという証拠に・・・
私が高校生の頃の話。
とあるシリーズものの書籍の作家に、手紙を書いたことがありました。
作家に手紙を書いたのは後にも先にもあの時だけです。
それが、読者からの手紙を集めて出版された書籍に掲載されました。
そこには、高校生の私によって切々と書かれています。
「自分の口から発せられる言葉が、すべて他人やメディアの受け売りである」
「あふれる情報に押し流され、自分を見失ってしまう」
「もっと確固たる自分を持ちたい」
よっぽど悩んでいたんでしょう。なぜそれを作家にぶつけたのかは今となっては謎ですが。まあ、そういう年頃でした。
だからこそ、好きなものは好き、いいものはいいと言えるようになる、「わたしはこう思う」と自信を持って言える。この変化は、飛び上がるほどに嬉しいことだったのです。
しかしその一方で、別の変化にもまた気づかざるを得ませんでした。
街に出ると、見かける人の行動にやけにカチンとくるようになる。
レストランや店舗で受けるサービスに、「気に入らない」と感じる瞬間が増える。
見るもの、聞くものに評論家のような反応を示すことが増えた。
第一印象で、読むかどうか観るかどうか、聴くかどうかを決めてしまう。
ちょっと関心をもつことがあっても、すぐ自分には無理だと思ってしまう。
・・・すべて挙げたらきりがありませんが、つまり、
私は自分の「価値観」を徐々に明確に意識できるようになっていったと同時に
「認識の枠組み」をも、固定化させていたのです。
認識の枠組みの固定化。
大人のコミュニケーションの難しさはここにあります。
あらゆるコンフリクトの根底には、枠組みの固定化が潜んでいて、
それらがぶつかり合って火花を散らしているのです。
「同意」「賛成」は気持ちがいい。
盛り上がる会話には、随所に「わかるー!」「そうそう、そうなんだよね」という言葉が散りばめられます。
ごはんはおいしいし、お酒はすすむ。
できればそんな人とだけ、長く交流を続けていきたいと思う。
しかし、大人はそこを超えなければなりません。
大人には、特にこのグローバル社会に生きる大人には、
「同意」でも「賛成」でも、その安易な裏返しである「反発」や「反対」でもなく、
その間にあり土台にある「共感」が求められているのです。
「共感」、つまり、固定化された枠組みから自分を解放し、向かい合う相手の枠組みをも受け容れる必要があるのです。
「受け容れる」というと、ちょっと重たい感じがします。なんとなく、
「同化する」というイメージがつきまとうのです。
というわけで、私が今一番しっくりきている表現は、
「寄り添う」です。
良いとか悪いとか、
価値判断から離れて、とにかくまずはそれに「寄り添う」ことです。
寄り添って、その人の見ている景色を見ます。
その人の聞いている音を聞き、その人の感情を、考えを知ります。
そうしたら、自分との違いがわかります。
そこからコミュニケーションは始まるのです。
違うのはあたりまえ。違うからこそコミュニケーションするのです。
どうしたら寄り添うことできるのか?
今の段階で一番しっくりきているのは
「愛情を持つこと」
相手に。相手の持つ無限の可能性に。
愛情がピンとこなければ、「関心を持つこと」
関心を持つのが難しければ、では最初の一歩として「自分には関係ないと思わないこと」
これは、慶應MCCの講師諸氏により、説明は様々です。またそれは
聞く側によっても様々に解釈されていると思う。
まずは気づくところから。
自分の枠組みに気づくところから。そして人と人との関係には、「同意」と「同意できない」だけでなく「共感」というステータスがあるということを知るところからではないでしょうか。
その機会としてぜひ慶應MCCのプログラムをご活用いただけることをお待ちしています。
そしてヒントとしてMr.Childrenの「掌」を一度ぜひ聴いてみてください。
充実した仕事人生も子どもの成長も、家族の絆も世界平和も、同じようにここから始まるのだ、と「共感」こそ豊かな世界に欠かせざる一歩だと、気づくこと請け合いです。
(松江妙子)

◆コミュニケーションを考える慶應MCCプログラム群
 『エナジャイズド・コミュニケーション』2009年11月開講
 『NLPプラクティショナー・コース・コア』2009年10月開講
 『協奏チーム・コミュニケーション』2010年1月開講

◆Mr.Childrenのアルバム『シフクノオト』より「掌」

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。