HOMEへ戻るMCCマガジン紗幸「日本初の西洋人芸者が見た花柳界」

紗幸「日本初の西洋人芸者が見た花柳界」

2011年09月13日

紗幸 浅草芸者  >>講師紹介
講演日時:2011年5月20日(金) PM6:30-PM8:30

外国人観光客に「日本で見たいもの」を問えば、多くの人が「ゲイシャ」を挙げます。しかし本物の芸者や、彼女たちの芸を見たことがある人は、日本人ですら少ないと思います。それは、日本文化の美の要素が凝縮された世界を、私たちがそのすぐ近くで見逃しているということに他なりません。

オーストラリア人の紗幸さんが交換留学生として日本を訪れたのは15歳の時。そのまま慶應義塾大学に進学して心理学を学び、日本企業で二年間働いたのち、オックスフォード大学で経営学と社会人類学を修めました。当時は日本的経営が世界的にもてはやされている時代でしたが、あえてその欠点も含めて「日本的経営」をテーマに論文を書き、博士号を取得されました。

その後、TVプロデューサーとして、対象の世界に入り込んで撮るスタイルの番組制作を手掛けます。その企画の一つとして芸者のドキュメンタリーを撮った時のこと。不機嫌な客が大勢待つお座敷に、芸者は登場してものの5分でその場の雰囲気をがらりとかえてしまいます。愉しそうに笑う客を眺めながら、それまで彼女たちの芸の「形」だけを追っていた紗幸さんは、芸者が何をする人なのか初めてわかったと言います。

そして紗幸さん自身、本物の芸者になることを目指して、浅草で修業を始めます。最初は半玉(見習い)として置屋に通う娘も、三年も経つと芸者らしい雰囲気を醸し出し、美しくなってきます。それを目指して紗幸さんも芸に励み、一年間の修業を経てようやく「お披露目」をしたのが3年半前のことです。

しかしそのニュースを見聞きした日本人は殆どいないはずです。「初の西洋人芸者誕生」というストーリーに、日本のメディアは全然興味を示さなかったのです。最初に取材記事が載ったのはイギリスの新聞。それを見た母国オーストラリアからも取材が殺到。そして外国紙の記事を紹介する日本の雑誌で取り上げられてから、ようやく日本人が取材に来たそうです。

世界との意識のズレはメディアだけではありません。花柳界自体が、芸者に興味を持っている海外のメディアや観光客と、積極的につながろうとはしていません。そんな中で紗幸さんは、多言語WEBでの予約受付や料金明示など、お客さんを取るための独自の工夫を展開しています。

花柳界の対外的姿勢に変革を促しつつも、コンテンツである芸そのものについては、紗幸さんは伝統を保持していくことの大切さを訴えます。自らも芸者社会の一員として、厳しい上下関係と序列を守り、芸と礼儀作法に関する先輩の叱責を浴びながら、伝統の継承者として日々精進を重ねています。

歌舞伎のコンテンツは200年前から変わっていません。しかしイヤホンガイドや一幕見席など、外国人や初心者が気軽に楽しめる工夫のおかげで、ハイカルチャーとしての今の隆盛があります。ビジネスを続けるために大事なのは、コンテンツを変えないこと。そして同時に社会とのつながりかたを革新していくことです。芸者文化がハイカルチャーとして生き残れるかどうか、花柳界400年の歴史の中で今が分かれ目と紗幸さんは見ています。

紗幸さんは現在、母校の慶應義塾大学で日本文化講座の講師も務めています。この講座の最終回では、実際に料亭でお座敷を体験します。建築、美術、工芸、書画、生け花、着物、邦楽、舞踊、そして四季の移り変わり。お座敷には、日本の美の要素が凝縮されています。美の体現者である芸者に導かれながら、日本文化のすべてを五感で味わえるのがお座敷なのです。

そんなお座敷に、日本人ももっと来てほしいというのが紗幸さんの切なる願いです。「自国の文化を学ばずに、外国の文化ばかり見ている国はありません。」お座敷はもちろん、邦楽や歌舞伎を見に行くこともなく、芸術鑑賞と言えばミュージカルやコンサートが主流の日本の学校教育を念頭に、紗幸さんは私たち日本人に気づきを促します。

華やかな芸は、長く厳しい修練の賜物です。楽しくなければ続けられない、と紗幸さんは言います。日本文化の一番美しいところを残している花柳界。その内部と外部を自在に行き来しながら、伝統の継承者としてこの場に立ち会っていることの面白さが、紗幸さんの情熱の原動力となっているようです。この時代に、美しい生き方を追求し、生き甲斐を持って自分を磨いていける職業についたことは、芸者になった最大の喜びであるとも表現されました。

講演の締めくくりは「付け帯」の紹介でした。実は芸者の帯は多くが付け帯です。今、自分で着物が着られる日本女性は約5%。でも付け帯があれば誰でも2分で着物が着られるようになります。街を歩く日本女性の2割が着物になれば、外国人の目に映る日本の姿も、より美しく変わることでしょう。

観察者であり実践者、継承者であり変革者。そんな紗幸さんの変幻自在な所作が、これからの花柳界を、そして日本を優美に変えて行くことと思います。ただ、その様を眺めているだけでは野暮というもの。ともに唄い、舞うことこそ、これからの「いき」な日本人の振る舞いでありましょう。

(白澤健志)

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。