HOMEへ戻るMCCマガジン宮城まり子(臨床心理士)

宮城まり子(臨床心理士)

2021年10月12日

慶應MCCにご登壇いただいている先生に、影響を受けた・大切にしている一冊をお伺いします。講師プロフィールとはちょっと違った角度から先生方をご紹介します。

宮城まり子(みやぎ・まりこ)
  • 臨床心理士
慶應MCC担当プログラム

1.私(先生)をつくった一冊をご紹介ください

心に迫るパウロの言葉』新潮文庫
曽野綾子(著)
1989年4月

2.どのような内容ですか?

キリストの亡きあと、パウロは回心しキリスト教信徒となりキリスト教の伝道に人生を捧げました。パウロは伝道と自身の心の想いを数々の書簡(パウロ書簡)として残しています。そのパウロの伝道の様子と書簡をもとに曽野綾子氏が単行本に整理し、一般の誰にでも分かりやすく書き下ろしたのがこの一冊です。

3.その本には、いつ、どのように出会いましたか?

私は中・高校生の時にミッション・スクールで学びましたが、当時はまだ若くキリスト教の教えを理解し深く捉えることはできませんでした。しかし、人生を重ね40代半ばになり人生の壁に悩んだ時に、再度キリスト教を学びたいという気持ちになり、手に取ったのがこの一冊です。

4.それは先生にとってどんな出会いでしたか?

自分の力ではどうにもならない閉塞感や行き詰まりを感じて悩んでいた頃、遠藤周作や曽野綾子の著作を読む中でこの本に出会いました。パウロの言葉に癒され、感動し新たな生きるエネルギーを得て、以来何度も何度も繰り返し読む一冊になりました。今では私の考え方の源泉となっています。

5.この本をおすすめするとしたら?

生き方に迷い方向性を見失った時、閉塞感の中で存在の意味を見出せない時などに一読をお勧めします。決してキリスト教の本であるという先入観なしに、気軽に手に取り読める本です。パウロの言葉からきっと生き方の深いヒントに出会えるでしょう。

心に迫るパウロの言葉
著:曾野綾子; 出版社:新潮社 新潮文庫; 

メールマガジン「てらこや」で更新情報をキャッチ!

「てらこや」は、「学び」を改めて見直すきっかけとなるようなさまざまな情報の提供を目的に発行している無料メールマガジンです。慶應義塾の社会人教育機関である慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)が毎月発行しています(原則第2火曜日)。