KEIO MCC

慶應丸の内シティキャンパス慶應MCCは慶應義塾の社会人教育機関です

デザイン思考のマーケティング

顧客の琴線に触れる

「自分はこれを求めていた!」と思わせるような商品、サービスを創造するには、顧客自身も自覚していない潜在的なニーズ(欲求)をつかむことが求められます。

本プログラムは、「人間中心設計」と呼ばれるデザイン思考の手法を活用した、新しいマーケティングプロセスをワークショップ形式で実践します。「顧客への共感」を出発点に、感情や心理を紐解いて深層課題を発見し、解決の仕組みを考え、試作を繰り返して顧客からの共感を引き出すマーケティングを目指します。

対象
  • 中堅社員~管理職
  • マーケティングの新たな発想の軸を求める方
  • デザイン思考に関心があり、その活かし方を探している方
講師
開催形態

対面(キャンパス)

日程・時間
1 2 3 4 5 6
2024年
7/18
(木)

18:30-21:30
2024年
8/1
(木)

18:30-21:30
2024年
8/22
(木)

18:30-21:30
2024年
8/30
(金)

18:30-21:30
2024年
9/5
(木)

18:30-21:30
2024年
9/20
(金)

18:30-21:30
参加費

170,500円(税込) 
→ 割引制度・キャンセル規定

定員

24名 (法人派遣は1社につき4名様まで)

進め方

Session1は、デザイン思考の特徴とマーケティングへの活用ポイントを学び、従来のマーケティングとデザイン思考のマーケティングの違いを理解します。
Session2からは具体的な企業を題材に、デザイン思考を活用したマーケティング戦略立案のプロセスを実践します。

修了基準

全セッションの参加により認定
欠席の際は、指定期間内の録画映像視聴・必要な課題等の提出をもって参加とみなします。

プログラム
お申し込み

SESSION

SESSION 1

マーケティングとデザイン思考

デザイン思考を使ったマーケティングの本質は、笑顔にしたいと思う顧客の行動や心理に向き合うことによって、潜在的ニーズを価値に転換することにある。

従来のマーケティングのメソッドとの違いを把握するとともに、新たな選択肢としてのデザイン思考のマーケティングを学ぶ意義を理解する。

SESSION 2

共感:ターゲットとその潜在的なニーズは?

デザイン思考による問題解決のスタートラインは「共感」である。

実在する企業を題材に、アクターズマップやエンパシーマップなど、市場を俯瞰し顧客の潜在的ニーズを探索するツール・手法を実践する。

SESSION 3

課題定義:どうすればニーズに応えられるか?

行動観察を実践し、顧客の気付いていない潜在的なニーズをあぶり出す。また共感ステップで得られた発見をもとに、顧客に提供する感情価値と、提供の方向性を明確にする。

SESSION 4

創造:どのような仕組みと仕掛けで実現させるか?

サービスやプロダクトが顧客にどのような価値をどうやって提供するか、ビジネスモデルの構造を可視化するツールを使って試行錯誤する。固定観念に捉われずに、顧客の共感を生む仕組みの可能性を最大化する。

SESSION 5

プロトタイプ:どのような「たたき台」を見せる?

プロトタイプ制作の意義は、新たなマーケティング戦略の可能性に気付くことと顧客からフィードバックを引き出すことである。

実在企業の顧客を主人公としたストーリーボードを制作するほか、ここまでの復習としてショートケースを用いて共感~プロトタイプのプロセスを実践する。

SESSION 6

テストとフィードバック:より適切なマーケティングは何か?

ストーリーボードの発表とディスカッションを行い、対象のサービス/プロダクトを顧客が心からほしいと思うか、マーケティング戦略が真に顧客の共感を生むものになっているかを評価し合う。

最後にプログラム全体を振り返り、これまで学んだことを自社でどのように活用するかを考える。